こんにちは。

今日はイラストレーターでよく使う「袋文字」や「シャドウ、ぼかし」をアピアランスを使って作ろう!です。ずーっと使っている人の例①文字を2つ重ねて、②下の文字だけに縁をつけ、③グループで終了→修正する時に同じ文字を2度打つのが大変、今は違うみたいだけど。。。と思いながらそのまま同じ方法で作り続けている方、(私でした)見直しませんか?

まず、ウインドウ→アピアランスをアートボードに表示して、①文字を打つ。(この時文字色や線はなしで大丈夫)②その文字を選択してアピアランスから「新規塗りを追加」する。(自動で文字色がつく)

③追加された塗りに好きな色を選択してつける。

④「塗り」より「線」が上にいると隠れてしまうのでドラッグして下に移動。

終了です!

※線路も「新規線を追加」して上の罫線に破線を指定するだけです。

下の線幅(今の場合は33px)より上の線幅(今の場合は19px)を細くするのがポイントです。これで道幅が作られますよ。

そして、特にオススメなのは効果を後から調整できるところです。

「ぼかし」や「ドロップシャドウ」などの効果をウインドウの「効果」から行うと後からの調節が大変でしたが、アピアランス経由にすると(ぼかしの右側にあるfxをダブルクリック)後から自由に変えられるんです。これって前の数値も見られるしすごく便利じゃないですか??

袋文字も昔から作業している人にとっては修正が面倒でしたよね。「知ってるけどやったことないしな〜」という方に是非使ってみて欲しい機能です。1回1個作ってしまえばコピーするだけなのでスゴーーーく楽に、正確に作れるようになりますよ!

ではまた書きます。

Leave a Comment